美意識の高い青汁

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > 赤ちゃんの便秘は砂糖水よりもオリゴ糖水で

赤ちゃんの便秘は砂糖水よりもオリゴ糖水で

 

以前から便秘の赤ちゃんに苦労する母親はたくさんおられたようで、年配の方からの助言として便秘の赤ん坊には砂糖水をあげるとよくなる、ということをよく指摘されるケースがあります。 
もちろんお通じがない時の赤ちゃんへの砂糖水は有効な方法です。 砂糖に含まれる糖分にはうんちをやわらかくする働きがあり、時間が経過し硬質化して出づらくなった便を出しやすいようにしてくれるのです。 
この点は砂糖水の浸透圧が大きいという特色が原因になっていて、浸透圧が高いと外側より水気を引き入れるので、うんちが水分を多く含んでやわらかくなるという流れです。 
お通じがない時用の砂糖水のレシピは、湯冷まし100ccに対してグラニュー糖か砂糖を5g、すなわち5%の濃度でつくります。 
あげるときは一度にたっぷり与えすぎるのでなく、授乳に影響のないよう1回に20~30ccぐらいをちょっとずつあげていきます。
しかしながら、赤ん坊に砂糖水を飲ませることに関しては賛成反対の両方の意見があったりします。 
甘めの味覚に慣れるとミルクやお乳を飲まなくなるのではないか?虫歯は心配はない?などと気にされるお母さんもよく見られますし、小児科医の中にも消極的な見解の人もいらっしゃいます。 
また砂糖水は飲ませすぎると消化不十分で赤ちゃんが下痢になることもあるといわれています。 
そのような可能性のことを考慮して、砂糖水よりはオリゴ糖を湯冷ましやミルクで薄めて与えるママさんも多くなっているみたいです。 
オリゴ糖は砂糖よりは甘くなく、カロリーも限りなく少ないのが特徴的です。 
その上オリゴ糖は砂糖と違い、胃や小腸で消化吸収されづらく大腸に棲むビフィズス菌のエサになるといわれています。 
そういうことから、ビフィズス菌がより元気になり、腸が機能しやすくなって便秘を克服する良い結果が期待できます。赤ちゃん便秘の解消法が知りたいなら