美意識の高い青汁

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > 深刻な野菜不足の生じている年代

深刻な野菜不足の生じている年代

20代~40代の多くに深刻な野菜不足があると言われていて、このことにより体に必要なビタミン、ミネラルなどの栄養素が不足して健康を損なって何らかの異常があると言われる人が増えてきました。

 

栄養補助食品やサプリメントが数多く利用されるのに、こういった時代背景によるもの言われています。しかし、栄養のバランスを考えたならば普段の食生活の見直しことが最重要課題であると言えます。ビタミンには他種の栄養を上手く働くように助けてあげる役目があります。

 

色々な生体機能の維持に努めたり、エネルギー生産や強い体を作るための代謝に関わっています。体の中で合成されるものもありますが、それだけでは不足するので圧倒的に不足するため、食べ物やサプリで補う必要があります。栄養素として必須なビタミンは総合して13種存在します。お茶やコーヒーの持つ独特な渋みや苦みは、ポリフェノールによるものです。

 

 

緑茶はカテキンを多く含み、ガンの抑制や抗アレルギーに役立つとされます。コーヒーに含まれる苦み成分のクロロゲン酸は胃酸の分泌を促して胃の働きを助けたり、肝硬変の予防にも効果があるようです。ココアに多く含まれるポリフェノールにも、虫歯の予防効果やストレス解消・ピロリ菌抑制の効果もあるようです。鉄分は赤血球を作り出すミネラルです。

 

 

赤血球の主要成分であるヘモグロビンの元となり、また酸素を全身の細胞に運送する役割をはたしています。

鉄が不十分な状態が続くと、全身が酸素不足になり、顔が青白くなったり、貧血によって目まいや立ちくらみが起こりやすくなります。貧血予防の鉄が多く含まれる食品としてレバーが有名です。

「健康食品」という文言は、法律により定められたのではなく、健康の維持や促進に効く食品として販売され利用するものを意味していてとても広い意味があります。健康食品と呼ばれるものには健康補助食品や混交飲料、サプリメントなどもあります。サプリはドラッグストアやコンビニでも置いているので身近に感じられると思います。

 

 

カプサイシンはトウガラシの辛み成分です。血流の流れを促進して発汗を促し、冷えや肩コリの改善、疲労回復やダイエットなどにも効果的です。カプサイシンは交感神経の働きを高めてアドレナリンを分泌させる働きがあります。結果的に、体に蓄積された脂肪を分解し燃焼させる働きを促すので、ダイエット効果に期待が持てます。女性には話題のコラーゲンが含まれている健康食品について、コラーゲン摂取の為に食べたとしても美肌や健康について効果があるとは限りません。

 

コラーゲンはたんぱく質の一種ですが、体を構成する上では重要な成分となっています。とはいってもただそれを補うだけでは関節や皮膚への効果が期待できるなどの科学的な根拠は、いまのところ無いようです。

 

 

 

マグネシウムは骨を作る原料となったり、エネルギーを製造したり、筋肉をコントロールしたり、神経の伝達やホルモンの生成などに利用されています。

少なくなると、筋肉に問題や心臓の病気、倦怠感や集中力の低下などにつながります。ストレスフルな生活やアルコールの取り過ぎはマグネシウム量が不十分になりやすくなります。子供の便秘にオリゴ糖がいいらしい